ニュースプラス - 2chニュースまとめ

女性に関するまとめです。


注目ニュース

カテゴリ: 女性

    このエントリーをはてなブックマークに追加
なんとも思っていないオトコだったのに、ふとした瞬間に「あれ? イイかも……!?」なーんて、突然にラブ対象になってしまうことってありますよね。

意外な一面を見てしまったときや、思いのほかオトコらしい本性を発見しちゃったときなど、「あぁん! 素敵!」って思ってしまうものかも。

では、世の女子たちはオトコからどんなコトをされたときに、恋に落ちているのでしょうか?

『健康美人』が527名から回答を得た調査を参考に、胸キュンラブが始まっちゃう憧れの瞬間トップ3をお伝えします。

ニュース全文は下記リンクにてご覧ください。
http://www.news-postseven.com/archives/20160314_394569.html

【【調査】オトコにこれをされると恋に落ちる…1位「頭ポンポン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
私34歳、妻29歳、結婚6年、現在妻は妊娠2ヶ月です。
料理上手な妻だと思っていたら結婚後一度も料理をせず毎日出前だったことがわかりました。
子供の為にも料理して欲しいです、どうすればいいでしょうか。

妻が頑なにマイホーム購入を拒むので話し合いをしました。
購入を拒んだ理由は貯蓄がないということでした。

記事全文は下記リンクよりご覧ください。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/0219/751873.htm?g=04

【結婚6年目で年収800万、マンション買おうとしたら嫁が貯金を使い果たしてた どうすれば良いでしょうか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
一定あるいはそれ以上の収入があるのに、クレジットカードの残債が減らない。
都市部でそんな生活を送る“貧困女子”の存在がクローズアップされています。

彼女たちには5つの共通点があるとのこと。 
■1:大きな借金
■2:依存体質
■3:間違った金銭感覚
■4:外見、階級へのコンプレックス
■5:将来への不安

記事全文は下記リンクよりご覧ください。
http://www.kyodo.co.jp/humhum/2016-02-20_1533357/

【「貧困女子」の5つの共通点】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 野良ハムスター ★ 2016/02/18(木) 11:41:41.58 _USER*.net
よく女性は男性に対して「生理的に無理」ということがある。
しかし男性は生理を経験したことがないため、どんな感覚か明確には分からない。
「生理的に無理とはいったいどういうことなのか?」その真意を追及するためにアンケート調査を行った。

■【注意事項】男性の方へ
調査対象は全国の20代~60代の女性333人。生理的に無理と感じた人の特徴を
回答してもらったのだが、その内容は男性にとって衝撃的なものであった。

<生理的に無理と感じた人の特徴30連発>
・見た目の気持ち悪さ
・不潔な人、しゃべり方が気持ち悪い人
・男性で性格がエムだったとき
・爪が長い
・異常に体臭が強い人
・ナンパしてきた男で茶髪ロン毛、髭を生やし、上下スエットが汚い
・LINEの絵文字が気持ち悪い
・デブではげている人
・太っている人が汗だくで息が荒い
・コミュ障
・歯の浮くような台詞を言う男
・ヒゲの剃り跡が青々している男
・マッチョな人に告白されたとき
・いかにも臭いそうなヨレヨレの服に泥で汚れたスニーカーを履いてデートの待ち合わせに来た男性
・フケが肩に落ちているのを見た時
・賞味期限ギリギリの半額値引きシールを貼ったままのサンドイッチをプレゼントとして自信満々にくれた人
・癖で股間をさわってる
・ほくろが顔にたくさんあって、そのほくろから毛が生えていた
・体毛が濃くて、シャツの一番上のボタンを外したところから見えていた時
・フーフーいってる人
・髪がしっとりしてて、いつも唇を舐めている男の人
・皆でイタリアンを食べに行き大皿料理をシェアしていた時、
自分のお皿に山盛り料理を盛り、両手には種類の違うピザを持ち食べていた
・電気屋の店員の口が超臭かった
・生理的に無理な人は、会った瞬間から無理で、顔も仕草も体型も無理。
この人とキスしなければならないなら死んだ方がマシなくらいダメ
・解剖の授業
・書類に唾をつけて数える中年男性
・薄毛を必死で隠している人
・口角に泡がたまる人
・素晴らしい方だったが、たまたま素足を見る機会があったが爪が伸び放題、
アカがたまっていて気持ち悪くて吐きそうになった
・うぬぼれが強く自慢話ばかりして人の話を聞かない(その割に内容が低俗でレベルが低い)

※全文は下記サイトでご覧ください。
http://www.news-postseven.com/archives/20160218_386632.html

【女性が「生理的に無理」と感じた男性の特徴30連発】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2016/02/16(火) 13:21:11.60 ID:CAP_USER*.net
宮崎謙介元議員「どうしてあんな女に…」議員妻の母が告白

「娘とは毎日、話していますよ。離婚? なんでそんなことしないといけないの?
あれは“不倫”じゃなくて、“一夜の過ち”でしょ。娘はそんな器の小さな人間じゃありません!」

 新潟に住む、金子恵美衆院議員(37)の母親は、そう言って語気を強めた――。
議員辞職に追い込まれた自民党・宮崎謙介元衆院議員(34)の不倫騒動。本誌は、新潟に住む金子議員の母親を直撃取材した。

「謙介は仕事も一生懸命だし、本当にいい婿ですよ」
 
金子議員の母親は、娘の夫である宮崎元議員のことを「謙介」と名前で呼んだ。娘の夫として信頼していることが感じられた。

「恵美は『私は(夫を)信じてる』と言ってますよ。他の人がどうこう言うことじゃない。(不倫相手の)女性に関しては何も言ってません」
 
毅然とした口調で、娘夫婦をかばう。産後の金子議員は現在、どんな状況なのか。

「大変な出産だったから、まだ病院にいるんです。でも、娘は『自分の身体よりも赤ちゃんが大事。いま私には赤ちゃんのことしかないから』って話していますよ」
 
金子議員は、ようやく得た小さな命を守ることだけに、懸命なようだ。母親いわく、出産には宮崎元議員も立ち会ったという。

「本当に大変なお産だったんですよ。最初、去年の6月に切迫流産で3カ月動けない状況になって……。やっとおさまったのが8月末。
これでなんとか産めるかなって。お腹が大きいのに、東京と(選挙区の)新潟を1日に2往復する日もあったんです。
それで出血が始まって、病院に行ったら“流産しそうだ”と即刻入院。そういうことを乗り越えてやっと出産できたんです。恵美は頑張りましたよ。命がけでしたよ」

 いま娘夫婦が離婚すれば、娘が命がけで生んだ孫の家庭は……。そんな思いが感じられた。
だが、その言葉の端々には、“ダメ婿”へのやるせない思いが……。

「ニュースになる前に、謙介本人から電話で記事が出ると知らされました。そのときは『自分はハメられた』と言ってましたよ。
やっとの思いで産んだのに、こんなこと(不倫報道)で騒ぐのは恵美が本当にかわいそう。静かにしておいてやってください」
 
ひしひしと感じられたのは、宮崎元議員が“どうしてこんな女に引っ掛かったの!?”という怒りだった。

「この女性、もう30代でしょ?どうやって暮らしてるの?身長165センチ?うちの娘だって身長はありますよ。
ミス湘南?うちの娘もミス日本の関東代表ですからね。タレントさんだか知りませんけど、“誰この人?”って感じですよ」

 母親は、娘の金子議員が決して口にできない気持ちを、まるで代弁しているかのようだった――。

女性自身 2月16日(火)0時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160216-00010001-jisin-pol



【宮崎元議員妻の母、不倫相手に「もう30代でしょ?どうやって暮らしてるの?ミス湘南?うちの娘もミス日本の関東代表ですからね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2016/02/12(金) 22:52:51.40 ID:1Meuebe10.net BE:815592111-2BP(1001)
こんにちは。西園寺りかこです。
今回は連載ではなく、バレンタインに一言物申したいと思っています。

社会には、口に出して「チョコをくれ」と言ってくる男性がいるわけですよ。
男子高校生と女子高校生の間にすらこういうせめぎ合いはあるわけで。高校2年の女子曰く、
「チョコほしいってダイレクトに言われるとちょっとウザイと思いつつも、仲いい男子ならあげる。」とのこと。

そもそも仲いい男子だったら、これもまぁセーフでしょう。
問題は特別仲がいいわけでもなく、特別お世話にもなっていない、そして好きでもない先輩や先生、
OLなら上司がほしいと言ってくる場合です。
こちらは全くあげるつもりも、そもそもお世話になっていないのにチョコを、しかも義理チョコを請求される意味が全くわかりません。

これはもはやバレンタインハラスメントではないのか、ということです。
#バレハラ ですよ。

ハラスメントとは…言うまでもなく「人を困らせること。嫌がらせ。いじめ」といった意味があります。
そしてこれは受けた側が感じることであって、ハラスメントをしている側が「それはハラスメントではない」という言い分は通用しません。
上司や先輩に「チョコを女性社員から一個ずつもらうのは、お返しが大変だけど、一つももらえないのは寂しいから
女性社員全員でまとめて男性一人につき一個渡してほしい」なんていう細かいオーダーが入ったりするわけです。
大人の世界では。

これ無視できますか?できませんよね。

チョコくれハラスメントと言ってもいいかもしれません。 #チョコハラ
もしくは俺に義理を通せという脅迫かもしれません。 #義理ハラ
こんなハッシュタグが流行らないでほしいと願うばかりです。

あげたくなかったらあげなくていいと思われる男性もいらっしゃるでしょう。
でもそれを許してくれないのが日本のバレンタインという風習。
この莫大な経済効果、正直ほとんどの女性は全く恩恵を受けていません。
http://news.mynavi.jp/news/2016/02/12/434/

【女子「バレンタインにチョコをくれという男はクソ。バレハラ、チョコハラ、義理ハラです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ニライカナイφ ★ 2016/02/02(火) 11:49:14.95 _USER*.net
◆女性にとって男性の7割は“生理的にキモい” 婚活市場で成功するための極意とは

結婚したいのに、なかなか理想の相手が見つからない……そんな思いを抱えた迷える婚活女性必見のイベントが1月26日紀伊國屋書店新宿南店で行われました。
テーマは「これからの理想のパートナーと見つけ方(と狩り方)」。
登壇したのは、秘密の婚活結社「魔女のサバト」を主宰し、計1万人以上の女性の相談にのってきた川崎貴子さんと、『察しない男 説明しない女』がベストセラーとなっている作家・心理カウンセラーで、日本テレビ「スッキリ!!」のコメンテーターとしてもおなじみの五百田達成(いおたたつなり)さん。
参考になるお話が盛りだくさんのライブトークの様子をレポートします。

◇恋愛と結婚は「混ぜるな危険」

五百田:でも、たとえ自分の「理想のパートナー像」がはっきりと言語化できたとしても、その条件に当てはまる人に恋愛感情を抱けないことってありませんか?

川崎:あると思います。ですから婚活相談に乗るときには、「恋愛したいのか、結婚したいのかをまず決めてくれ」と伝えますね。

五百田:恋愛と結婚は別物だということですか?

川崎:はい、そのふたつは「混ぜるな危険」ということです(笑)

五百田:なるほど。内田樹さんが以前「目の前に10人の異性がいたら、7人くらいとは結婚できるようじゃなきゃだめだ」とおっしゃっていたことがあります。つまり結婚したいならば、恋愛感情を抱けないなんてつべこべ言っていてはいけない、ということなんですかね。

川崎:そうですね。ただ残念なことに女性の場合は、男性が10人いたら7人に対しては生理的に「気持ち悪い」と感じてしまうものなんですよ。「普通」だと思えるのが残りの3人で、その中に「キスできる」人は1人いればいいほう。要するに、女性は「気持ち悪くない」という生理的なハードルを超えるのがとても大変なんですね。

五百田:逆に言えば、そのハードルさえ超えてしまえば結婚できるということなんでしょうか。

川崎:いいえ。「気持ち悪くない」けれど「会話がかみ合わない」というケースもあります。そのふたつを満たしている男性は、10人いても0.5人ほど。確率論的にマッチングというのは非常に難しいものだといえます。

◇婚活の基本はとにかく会う男性の数を増やすことにつきる

五百田:さらに、その男性が自分のことを好きになってくれなくてはいけないですから、掛け算していくと天文学的な確率になってしまいますね!

川崎:ですから女性は男性よりも色々な人と会う機会、つまり「分母を増やす」ということが重要になってきます。

――どのようにして出会いの場を増やしていけばいいのでしょうか。

川崎:私がよく伝えているのは「漁場を変える」ということですね。同じ釣り堀で釣っていても、同じような魚しか釣れないのは当たり前。好みの男性がいないと感じた時には、はやめにその場に見切りをつけるのはとても重要だと思います。

それに加えて、女性同士の情報交換がとても有用です。情報を共有することで、より効率的に理想の男性に会うことができますから。
その情報網を有効活用するためにも、自分の理想のタイプをしっかりと言語化して伝えておく必要があります。よく、理想のタイプは「やさしい人」「ふつうの人」と言う人がいますが、それではダメ。「私は理系の、細身の、メガネ男子が好き」と印象に残るように、ポイントを絞って伝えておくんです。そうすると「この釣り堀に、そういう人いたよ!」と教えてもらえる確率がぐんと上がります。
そうやって女性同士のネットワークを活用しながら、場所を変えることを恐れずに、様々なコミュニティに飛び込んでみてほしいと思います。

五百田:場数を踏むことはやはり重要ですよね。私も社会人になったばかりのころ、おびただしい数の合コンをしましたが、そうすると自分が好きなタイプと、自分のことを好きになってくれるタイプが分かってくるんですよ。

要は徹底した反復練習ですよね。何回も繰り返せば人はそこそこうまくなるし、大好きな人の前でもしっかりとしゃべれるようになりますよ。

川崎:やっぱり「結婚するんだ」と明確に意志を持っている人は、努力もするし、改善もする。そうしてスキルが上がってくると、マッチングの確率もどんどんあがっていきます。

ウートピ 2016/02/01 ※記事を一部抜粋
http://wotopi.jp/archives/34038


no title

【女性にとって男性の7割は“生理的にキモい”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ニライカナイφ ★ 2015/12/17(木) 14:08:08.97 _USER*.net
◆「もう結婚に恋愛は要らない!~恋愛しない若者たち」
 ~精子買い、産むだけ婚を求める女性増…夫不要でただの精子バンク扱い?

9月30日、筆者の新刊『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』(ディスカヴァー21)が出版された。
テーマは「恋愛しなくても、結婚はできる!」。
ここ数年、20代男女から、「恋愛は面倒」「コスパに合わない」との声をよく聞く。
一方で、9割の若者は言うのだ。「いつかは(恋愛)結婚したい」と。

この矛盾を解消するためには、「結婚に恋愛は要らない」と、いったんスパッと切り離して考えるしかない。
それが本書を執筆したきっかけだった。
本連載前回記事『「こんな夫と結婚しなければよかった…」 妻が夫に幻滅するダントツの原因はこれだ!』では、
「結婚」と「恋愛」は別物で、むしろ「混ぜるなキケン」であると述べた。

結婚後、男性は育児や家事への参加を求められ、女性はできるだけ働くことを望まれる「共働き、イクメン」が標準化しつつある昨今。
昔と違い、結婚後は恋愛に必要な「男性らしさ」「女性らしさ」とは真逆のものを求められるのだから、
「恋愛と結婚は別」と割り切って婚活したほうが、結婚生活もうまくいくのではないか、と書いた。

また、旧態依然とした国の制度や概念に焦れて、すでに前のめりな女性たちは極端な方向へと向かい始めている。
「夫は要らない。子どもだけが欲しい」――こんな声を、もう何人から聞いただろう。

◇子どもだけ欲しい

たとえば、フリーランスでデザイナーをしているキョウコ(37歳)のケース。
2つ年下の後輩と5年以上も半同棲中。いつまで待っても彼のほうから「結婚」を言いだす気配はない。
時々、わざとテーブルに結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)を置いて“結婚プレッシャー”をかけてきたが、
彼は見て見ぬフリをする。そこで半年前、キョウコは思い切ってこう言った。

「もうあなたに結婚は期待しない。子づくりだけ協力してくれればいいから」

そう、彼女は経済的にもある程度、安定していたがゆえに「子どもと2人で生きていく」と決意したのだ。
初めは「え?」と戸惑った彼。
だが、「今後一切、養育費などは請求しません」とキョウコが一筆書いたこともあり、「それならば」と素直に協力した。

当初は、キョウコの女友達も「やめなよ」「もしこの先、働けなくなったらどうするの?」などと猛反対した。
だが、キョウコは考えを曲げなかった。

そして今、妊娠5カ月になった。少しずつ大きくなるお腹をなでながら、彼女は言う。

「もともと、結婚に憧れはなかった。でも子どもだけは欲しかった。
今はとっても幸せ。
でもこれで、仕事からは一生逃げられないですね(笑)」

◇夫は精子バンク?

一方、実家の老舗和菓子店を継いだフタバ(28歳)は、小学生の息子を見ながら、こう振り返る。

「結果的に、パパ(夫)は精子バンクみたいな存在だったのかな」

フタバは大学3年生の時に妊娠した。相手は、当時付き合っていた1歳上の先輩で、今の夫だ。
その時すでに中堅のメーカーに内定していた彼だが、フタバは長女のため、いつか実家の店を継がねばならないと知り、
「だったら僕も、君を手伝って和菓子店で働く」と決意。婿入りする意思を固めたという。

ビジネスジャーナル 2015年12月17日
http://biz-journal.jp/2015/12/post_12911.html
http://biz-journal.jp/2015/12/post_12911_2.html
http://biz-journal.jp/2015/12/post_12911_3.html
http://biz-journal.jp/2015/12/post_12911_4.html

>>2以降へ続きます。

【精子を買って「産むだけ婚」を求める女性が増えている  男は精子バンクみたいな存在】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: キチンシンク(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 01:02:09.80 ID:zo62qCra0●.net BE:263277733-PLT(16000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
出版社勤務で雑誌のページデザインを手がけている高倉晶馬さん(27歳)が、交際中の彼女に激怒され、破局していたことが判明した。

高倉さんは大のスイーツ好きで、どこに行っても必ずスイーツの美味しい店をチェックし、食べているという。

「いろんなソフトクリームの美味しい店で食べてきましたが、何度食べても飽きない最高のソフトクリームはミニストップのものでした」と絶賛するほど、高倉さんは『ミニストップ』のソフトクリームを溺愛している。

2015年10月上旬、高倉さんの彼女が「美味しいソフトクリームがたべたぁい♪」言うので『ミニストップ』のソフトクリームを家に持ち帰ったところ、彼女が激怒。

「コンビニのソフトクリームなんかで済ませようとして、本当に釣った魚にはエサをやらないなお前! そんな安上がりな女じゃねーんだよタコ野郎! 女性の尊厳を馬鹿にされた気分だわ!」と、激しく強い口調で激怒し、彼氏を数日間責めまくったという。

高倉さんは彼女と同棲しており、いつも「おしおき棒」と名づけられた1メートルほどの木製の定規で、彼女に不快な思いをさせるたびに尻を叩かれていたという。1回ミスをすると、3回尻を叩かれ、叩かれるたびに「ファーノ!」と声を出すのがルール。

ちなみに「ファーノ!」とは、彼女が自分で作った言語で「偉大なる皇女の免罪符」という意味があという。

ことあるごとにペシペシと尻を叩かれていた高倉さんだが、DVとまではいかないにしても、今回は風呂上りに規定以上の回数を叩かれたため、かなりショックを受けたという。

・修復されず10月10日に破局
釈然としないながらも、高倉さんは後日のデートで、「世界一美味しいソフトクリーム」と世間で話題のクレミアを彼女にご馳走したが、

「美味しいけど、どうせミニストップが一番だとか思ってるんでしょ」と彼女に言われ、さすがの高倉さんもブチギレ。結局は修復されぬまま10月10日に破局し、別れたという。

http://buzz-plus.com/article/2015/10/12/softcream/
no title

http://stat.ameba.jp/user_images/20150810/19/nigaki-risa/fa/b6/j/o0548069113391919316.jpg
http://xvideos-jp.org/wp-content/uploads/2014/07/softcream1.jpg

【【激怒】ミニストップのソフトクリームを絶賛する彼氏に彼女がブチギレ「女性の尊厳を馬鹿にされた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 中年'sリフト(北海道)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 17:38:45.70 ID:KomHmj1B0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/button1_01.gif
引きずる、引きずらないにかかわらず、オトコにとって元カノはいつまでも特別な存在。女性のほうがさっぱりしているというけれど、オトコの場合、
「別れた彼女が夢に出てきた…」なんて経験はざら。女子はこんなセンチメンタルな夢は見ていないの? ということで、20~30代の社会人女性200人
(男性との交際経験あり)にアンケート調査してみた!(協力/アイリサーチ)

〈別れた元彼のことを今でも夢に見ることはありますか?〉
・「ある」派 44.0%
・「ない」派 56.0%

「見たことがない」人が、わずかな差で多数派という結果に。でもよかった、女子も結構夢に見てくれているんだ。ちょっと安心…(?)。

別れた異性が夢に出てきたら、「そういえば元気にしてるかな」なんて気になってしまうのが人情。女子だって元彼につい連絡したくなったり、
はたまた再会した夜に勢いあまって体の関係までもってしまった…なんてこともあったりするのでは? 期待を胸に調査した結果がこちら。

〈別れた元彼と、体の関係を持ったことはありますか?〉
・「ある」派 24.5%
・「ない」派 75.5%
ちなみに「ある」派には、「数年ぶりに再会し、旅行先でなんとなく…」(29歳)というコメントも寄せられた。
なぜ別れた元彼と旅行に行っているのか? その時点で「なんとなく」ではないのでは? とツッコミたい気持ちもあるものの、
再会できると思いもよらない展開になる可能性があるということか。「忘れられない元カノ」がいる男性には、希望が持てる調査結果と言えるかも!?
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20151010-00045244-r25

【女子の25%が元カレとの性行為継続!女の「別れた」発言は信用できないことが判明】の続きを読む

このページのトップヘ